習慣化の始めの一歩に【20秒ルール】

習慣
この記事は約3分で読めます。

習慣化したいのにできない人は

人は人生で3分の1から2分の1は習慣的な行動をしています。

日々の生活で仕事や勉強、運動で何か習慣にしていることがある人や、

それとは逆に習慣化したいことはあるのに、でもできないという人もいるでしょう。

よくあるのは、

「よし!明日から健康の為に朝毎日5キロランニングしよう!」

「ダイエットの為に明日からご飯は一食にしよう!」

なんて急にハードルの高い目標設定をしてしまい、結果として

「毎朝5キロ走るって決めたけど今日は眠いから明日からにしよう・・・」

「ご飯一食って言ったけど、明日は友達とランチの約束があるからやっぱり明後日から・・・」

なんて感じでなかなか習慣化することができない。

なんて方がほとんどだと思います、

そんな何か習慣化してみようという時の始めの一歩のやり方をご紹介します。

習慣化の始めの一歩【20秒ルール】

20秒ルールとは?

新しくなにかを習慣化して身につけようとしたときには、

できるだけその行動をやりやすいようにすることが大切になります。

そこで、習慣化したいことがある場合にできるだけ面倒な部分を省いて、

そのやろうと決めた行動を20秒早くやりやすいようにするやり方が20秒ルールです。

簡単に言うと習慣化したい行動の前の手間を20秒短縮するのです。

20秒ルールのやり方

例えばあなたが、

「明日の朝からランニングをしよう!」

と決めたとします。

そして明日の朝に、

  1. 起きて顔を洗い
  2. ランニングウェアに着替えて
  3. タオルやランニングに必要な物を準備し
  4. ランニングシューズを履いて出発

という流れで出発するとします。

この時に、

  • すでに寝る時からランニングウェアの一部を着て寝る
  • 玄関にタオル等のランニングに必要な物を出しておく

といった感じで、

習慣化しようとしている行動の手間を普段の20秒ほど短縮して

早く取り掛かれるようにするといのが20秒ルールのやり方になります。

やめたい習慣にも20秒ルール?!

習慣化にしたい行動とは反対にやめたい習慣がある場合にもこの20秒ルールは使えます。

結論から言いますと、先ほどとは反対にやめたい習慣の前の行動が20秒余分にかかるようにするのです。

例えば、勉強をしたいのにどうしてもスマホを見てしまう

という場合などは、

勉強の前に20秒かかかる場所にスマホを置いておく

という感じです。

家の中で実際に20秒歩いて離れているいる場所は難しいと思うので、

離れた部屋の台を持ってこないと届かない場所に置く、

というように簡単に手に取れない場所等に置いておくというのも良いでしょう。

まとめ

仕事や勉強、運動となにか習慣を身につけようとしたときに、

決心はしたもののなかなか習慣化するのは難しい物です。

そんな時は、習慣化の第一歩に20秒ルールをとりいれて、

習慣化しようとしてる行動の前の手間を20秒省き、

できるだけその習慣化しようとしている行動をやりやすいようにする。

反対にやめたい習慣がある場合は、

やめたい習慣の前の行動が20秒余分にかかるようにする。

ということから始めてみると良いでしょう。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました